教室紹介

HOME  >  教室業績  >  和文 2017年

和文 2017年

  1. 安達美佳, 鈴木雅明:【こどもの上手な診かた】扁桃と睡眠時無呼吸症候群. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科89(2):134-139, 2017.
  2. 安達美佳, 鈴木雅明:【耳鼻咽喉科疾患と生活指導-予防とセルフケア】耳鼻咽喉科疾患に対する生活指導・予防・セルフケア 閉塞性睡眠時無呼吸症候群. JOHNS 33(8):1033-1036, 2017.
  3. 黒沢是之, 後藤孝浩, 浅田行紀, 今井隆之, 松浦一登, 館 正弘: セツキシマブ併用放射線治療後の喉頭温存・下咽頭喉頭部分切除術後に生じた咽頭皮膚瘻の治療経験. 創傷8(1):38-42, 2017.
  4. 生島寛享, 鈴木貴博, 日高浩史, 角田梨紗子, 小倉正樹: 術中透視下に摘出した舌迷入異物の1例. 口腔・咽頭科 30(1) :61-66, 2017.
  5. 池田怜吉: 【マイナーディジーズ】 耳鼻科 難聴. 治療99(3):356-359, 2017.
  6. 池田怜吉: 【耳管の検査と処置-治療効果を上げるコツ-】 耳管疾患における問診のコツ. ENTONI 201(1):1-5, 2017.
  7. 入間田美保子, 織田 潔, 野村 和弘: 当院におけるワクチン導入後の肺炎球菌と小児急性中耳炎の変化. Otology Japan 27(1):11-17, 2017.
  8. 大山健二:【知っているようで知らない人工内耳Q&A】術後の問題点とトラブル 人工内耳の切開部位の皮膚壊死はなぜ起きるのでしょうか?予防可能でしょうか?(Q&A/特集). JOHNS 32(12):1766-1767, 2016.
  9. 高橋重文, 川口奉洋, 新妻邦泰, 中川敦寛, 藤村 幹, 小川武則, 香取幸夫, 冨永悌二: 食道癌放射線治療後に生じたcarotid blowout syndromeに対する血管内治療 症例報告. Neurological Surgery. 45(9):791-798, 2017.
  10. 小川武則, 石井 亮, 大越 明, 加藤 健吾, 嵯峨井 俊, 中目亜矢子, 岩崎さや香, 細川亮一, 香取幸夫:【頭頸部悪性腫瘍の疑問に答える】 治療後の対応 放射線治療後の唾液分泌障害や高度嚥下障害に対する対応を教えてください. JOHNS 33(9):1346-1350, 2017.
  11. 小川武則, 嵯峨井 俊, 中目亜矢子, 大越 明, 香取幸夫: 【頭頸部癌学-診断と治療の最新研究動向-】 頭頸部癌の疫学 我が国における頭頸部癌の疫学的動向. 日本臨床. 75(増刊2 頭頸部癌学):47-52, 2017.
  12. 原 陽介, 山内大輔, 日高浩史, 澤田朱里, 渡邊健一, 川瀬哲明, 香取幸夫: 経鼓室的に開窓した側頭下窩コレステリン肉芽腫例. 耳鼻咽喉科臨床 110(4):245-250, 2017.
  13. 佐藤豊展, 加藤健吾, 平野 愛, 近藤健男, 柴本 勇, 香取幸夫, 出江紳一: 深頸部膿瘍・降下性縦隔炎罹患後の重度嚥下障害 頸部のマッサージと舌骨・喉頭の他動運動が著効を奏した1例. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌. 20(3):156-162, 2016.
  14. 石河理紗, 小山重人, 佐藤奈央子, 細川亮一, 松井裕之, 松舘芳樹, 加藤健吾, 香取幸夫, 小関健由, 佐々木啓一: 東北大学病院における摂食嚥下治療センターの取り組みと摂食・嚥下障害の実態調査. みちのく歯学会雑誌. 47(1-2):44-46, 2016.
  15. 香取幸夫: 【耳鼻咽喉科疾患と生活指導-予防とセルフケア】 耳鼻咽喉科疾患に対する生活指導・予防・セルフケア 嚥下障害、気道・食道異物. JOHNS 33(8):1041-1042, 2017.
  16. 香取幸夫: 【摂食嚥下障害リハビリテーションABC】 総論 嚥下障害に対する手術法とその適応. Medical Rehabilitation 07(212):151-156, 2017.
  17. 香取幸夫: 【臨床力UP! 耳鼻咽喉科検査マニュアル】声の検査 聴覚印象評価. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 89(5):350-353, 2017.
  18. 香取幸夫:【外来から帰してはいけない患者-症状からみた対応と病院に送るタイミング】 症状からみた対応と病院に送るタイミング 嚥下障害. JOHNS 33(5):609-610, 2017.
  19. 香取幸夫:【外来から帰してはいけない患者-症状からみた対応と病院に送るタイミング】 耳鼻咽喉科救急および重症患者の紹介 診療録ならびに紹介状記載の留意点. JOHNS 33(5):553-554, 2017.
  20. 香取幸夫: 嚥下障害の診断と治療. 日本耳鼻咽喉科学会会報 119(10):1324-1327, 2016.
  21. 香取幸夫: 嚥下障害. 小児耳鼻咽喉科 第2版. 日本小児耳鼻咽喉科学会 編, pp336-340. 金原出版, 東京, 2017.
  22. 川村善宣, 高梨芳崇, 香取幸夫: 唾液腺造影で分節性嚢胞状拡張を呈した反復性耳下腺腫脹の1例. 口腔・咽頭科30(1):103-109, 2017.
  23. 鈴木 淳: 【マイナーディジーズ耳鼻科】顔面神経麻痺. 治療99(3):360-363, 2017.
  24. 鈴木貴博, 生島寛享, 角田梨紗子, 野口直哉, 小倉正樹, 小川武則, 香取幸夫, 東海林 史, 太田伸男: 耳下腺腫瘍78例の検討. 耳鼻咽喉科臨床 110(4):295-302, 2017.
  25. 日高浩史, 渡邊健一: 正中頸嚢胞. 小児耳鼻咽喉科 第2版. 日本小児耳鼻咽喉科学会 編, pp342-348. 金原出版, 東京, 2017.
  26. 小森 学, 東野哲也, 阪上雅史, 小島博己, 松田圭二, 山本 裕, 羽藤直人, 森田由香, 橋本 省, 日本耳科学会用語委員会: 中耳真珠腫進展度分類2015を用いた全国真珠腫手術症例登録結果報告. Otology Japan 27(2):83-89, 2017.
  27. 青井二郎, 松浦一登:【頭頸部悪性腫瘍の疑問に答える】 治療選択 気管切開術を先行した場合の治療成績は違いますか? JOHNS 33(9):1208-1210, 2017.
  28. 松浦一登: 頸部郭清術のEBM. 日本耳鼻咽喉科学会会報120(7):966-970, 2017.
  29. 松浦一登, 今井隆之, 浅田行紀, 森田真吉, 西條 聡: 口腔・咽頭癌のマネージメント 治療の変遷と予後評価を中心に エキスパート・オピニオン 中咽頭癌治療の現状とこれから. 口腔・咽頭科 30(2):159-164, 2016.
  30. 大久保淳一, 松浦一登:【ここが知りたい! 高齢化時代の頭頸部がん診療】 高齢者に対する喉頭温存手術の適応と限界. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科89(8):584-588, 2017.
  31. 松浦一登:【頭頸部癌学-診断と治療の最新研究動向-】 頭頸部癌の外科治療(低侵襲・機能温存) 口腔癌 口唇・下顎骨に侵襲を加えない切除(pull-through法). 日本臨床75(増刊2 頭頸部癌学):304-308, 2017.
  32. 松浦一登: 【頭頸部癌手術における術中、術後合併症への対策と対応】 頸部郭清術における術中・術後合併症への対応と対策. 頭頸部外科26(3):299-301, 2017.
  33. 森田真吉, 松浦一登:【頸部郭清術のNew Concept】 臓器別治療戦略 原発不明頸部転移がん. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科88(11):822-827, 2016.
  34. 松浦一登:【超音波検査ハンドブック】 超音波診断総論 診断装置選択と検査手順. JOHNS 32(10):1421-1424, 2016.
  35. 橋本 省:【外来から帰してはいけない患者-症状からみた対応と病院に送るタイミング】 耳鼻咽喉科救急および重症患者の紹介 基幹病院における耳鼻咽喉科救急. JOHNS 33(5) :549-552, 2017.
  36. 舘田 勝, 橋本 省, 大越 明, 大島英敏, 大石哲也: ミノサイクリン硬化療法が有効であった耳下腺嚢胞の1症例. 仙台医療センター医学雑誌 6(1):62-64, 2016.
  37. 橋本 省:【聴神経腫瘍診療のNew Concept】 聴神経腫瘍の疫学と病態 最近の考え方. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 88(13):994-999, 2016.
  38. 松永忠雄, 秋山恭一, 山内大輔, 川瀬哲明, 香取幸夫, 鶴岡典子, 芳賀洋一: 人工内耳挿入補助機構を備えた水中耳科手術用内視鏡. 日本コンピュータ外科学会誌19(2):74-82, 2017.
  39. 若盛 隼, 小川武則, 臼渕 肇, 阪本真弥, 小嶋郁穂, 村田隆紀, 嵯峨井 俊, 中目亜矢子, 大越 明, 東 賢二郎, 石井 亮, 白倉真之, 石川智彦, 香取幸夫: MRIで悪性腫瘍箇所を同定し得た耳下腺多形腺腫由来癌の1例. 頭頸部外科 26(3):389-393, 2017.
  40. 齋藤大輔, 渡邊健一, 天野雅紀, 中目亜矢子, 及川伸一, 橋本 省: 嚥下障害のみを呈した延髄外側梗塞の1例. 日本気管食道科学会会報68(3):249-253, 2017.
  41. 渡邊健一:【研修医のための当直マニュアル】 症状から見た救急疾患の診断と治療の手順 嚥下障害. JOHNS 33(3):315-318, 2017.