患者の方へ

HOME  >  主な疾患  >  鼻副鼻腔・アレルギー外来

副鼻腔・アレルギー外来

慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下副鼻腔手術を専門に行います。

1.鼻副鼻腔外来について

1)鼻副鼻腔とは

鼻の入り口からのどに続く空間である鼻腔、また、鼻腔と交通する4種類の副鼻腔の総称です。

2)当外来で診療する疾患

慢性副鼻腔炎アレルギー性鼻炎術後性上顎嚢胞鼻中隔弯曲症鼻骨骨折眼窩吹き抜け骨折

2.診断治療について

1)診断について

慢性副鼻腔炎をはじめとした副鼻腔疾患に対しては、鼻咽腔ファイバーによって観察を行った後、必要に応じてCTなどの画像診断を行い、重症度、手術適応を検討します。また、アレルギー性疾患に対しては採血(RIST、RAST)により、アレルギーの原因を精査し、治療に役立てます。

2)治療について

慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内手術や内視鏡下鼻中隔矯正術などを行っております。

3.担当医よりメッセージ

鼻炎といっても、難治性であったり、重症化したり、また腫瘍などの他疾患が原因となっていることもありますので、正確な診断が必要と思われます。当外来においては、診断の後、炎症性疾患に対しては内服、点鼻などの保存的加療を行い、改善されない場合手術を行っています。

4.各疾患説明

1)慢性副鼻腔炎

一般的には蓄膿症とも呼ばれます。病原微生物による慢性化膿型やアレルギーを背景にした二つのタイプの慢性副鼻腔炎に主として分けられます。

治療はタイプにより抗生剤、消炎酵素剤、抗アレルギー剤、点鼻薬を組み合わせた保存的治療をまず行います。 保存的治療によっても症状が軽快しない場合や、重症であり保存的治療での効果が期待できない場合には内視鏡下鼻副鼻腔手術を行います。 当科では原則として手術は局所麻酔下での内視鏡手術を行っております。

2)アレルギー性鼻炎

くしゃみ、鼻水、鼻づまりを三主徴とする鼻炎で、原因抗原により通年性(ハウスダスト、ダニなど)と季節性(スギ花粉症など)に分けられます。治療は抗原の回避と除去が基本で、抗アレルギー薬の内服や点鼻などの保存的治療が中心となります。 保存的治療が無効な場合には手術的治療を行い、アレルギー反応の場である下鼻甲介をレーザーで焼灼したり、粘膜下に切除したりします。 また下鼻甲介を支配する神経を切断する手術も行っています。

3)術後性上顎嚢胞

以前副鼻腔炎(蓄膿症)の手術をうけた患者さんのなかに、術後数年〜数十年を経て頬部に大きな嚢胞が出来上がる場合があり、頬部腫脹、歯痛、眼球突出、複視などの原因になります。 根治的には手術治療が必要で、原則的には局所麻酔下の鼻内内視鏡手術を行います。

4)鼻中隔弯曲症

鼻中隔が極度に弯曲していると頑固な鼻閉の原因になります。手術により鼻閉やいびきが改善します。

5)鼻骨骨折

外傷により鼻背部の変形が生じた場合には手術を行いますが、亀裂骨折や変形が少ない場合は手術をせずに保存的に治療します。

6)眼窩吹き抜け骨折

外傷により眼窩を支えている薄い骨が骨折して、眼球を動かす筋肉などが骨折片に挟まったり圧迫されたりして、眼球の動きが制限されることがあります。 その場合は鼻内内視鏡手術や、上あごの歯茎を切開し、整復します。